忍者ブログ

次の記事 ≫

2016年 知能ロボコン,先端ものづくりチャレンジ

だいぶ時間が立ってしまいましたが,
2016年の知能ロボコン先端ものづくりチャレンジin習志野
にルンバで参加しました。

まず知ロボ。

間に合いませんでした。

通信周りなどなどの不具合が取り切れず,開始後数十秒で制御が落ちちゃう(´・ω・`)
車を出してくれた友人には非常に申し訳ない。

あまりにもダメダメだったので夕方には仙台観光と称してマルツ行ったりしてたところ,
最優秀ビデオ賞を受賞したことをtwitterで教えてもらうという不覚ぶり。。


それから半年後の先端ものづくりチャレンジ イン 習志野。初参加でした。
知ロボから半年たっていることもあり,ハード,ソフトともに大幅改善して挑むことができました。

ボール1つを(マシン上に)残してあとはすべて正しく仕分けることができ,結果は3位。
(知ロボだったらもはやパーフェクト前提なのでここまでの順位にはならないですね。。。)

センサ配置が悪いのか,
ボールを検知するために使用しているVL53L0の誤検知の影響でタイムロスしてます。
フィールド中央の島の角で何か見えちゃうんですよねぇ。

知ロボの時点ではVL6180Xを使用していました。測定距離が短いので誤検知は特になかったと記憶していますが,これはこれで,途中でフリーズする?問題があって曲者でした。

I2Cでデータは取れるものの,内部ステータス,距離値ともに変化しなくなるという状態です。数秒ごとにリセットかけることで回避していましたが,その間にボールに突っ込んでしまうこともしばしば。


どうしましょかね。カメラ?


ロボットの概要は下記スライドにて。
るん太郎の仕組み(2016年知能ロボコン, 先端ものづくりチャレンジ) from Kohei Hashimoto

2017年の知ロボ記事はそのうち。。

拍手

PR

Comment (0) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字